春を告げる花々

   3月とはいえ信州の春は遅い。安曇野に本格的な春が訪れるのは4月の中旬です。
雪の残る安曇野の片隅に、いち早く春の訪れを教えてくれる可憐な花々があります。それはセツブンソウやフクジュソウなどの花々です。
彼らは、春まだ浅い厳しい寒さの中で、花を咲かせます。時として咲いた直後に、霜や雪に襲われますが、可憐な姿とは裏腹に力強く春を先取りしています。
モノトーンの早春の安曇野に、色を添えてくれる花たちを特集しました。



セツブンソウ

                                       



フクジュソウ

                                        



ロウバイ

                



マンサク