春を告げる花々 


Back     Menu    Next


マンサク   No.1

餓鬼岳登山道沿


餓鬼岳登山道沿いに自生のマンサクが咲いているとの情報を得て、早速行ってみました。
林道・乳川線は積雪が20〜30cmもあり、ジムニーにチェーンを巻き、4駆に切替え、走る事約10分。
林道沿いに、西日を浴びて逆光の中に浮かび上がって咲いているマンサクが目に飛び込んできました。
まわりは冬景色なのに、そこだけは、黄金色の花が妖精のように輝き、まるで踊っているようでした。
絶好なシャッターチャンスに巡り合えたことに感謝し、1m近い積雪の中を日が沈むまで夢中でシャッターを切りました。