アサギマダラ(♀)
春になると北上し、秋には南下を繰り返す「渡り」をする蝶として知られている。
移動距離は沖縄、台湾まで1,500キロ以上及ぶとも言われている。
夏には標高1,000m付近の高原をさまようことが最近の調査で分かってきた
が、北上から「さまよい」、そして南下の行動を誘発する刺激要因がいまだ解明されていない謎の蝶である。
撮影地は標高1,000mの長野県池田町「大峰高原」'01/09/12


アサギマダラ

Photo By K.Miyata



前の写真   メニュー  次の写真