夜明けのプロローグ 
No.12

'02.08.13  松本市 美ヶ原高原 思い出の丘 

この日は一面ガスの海で何も見えずあきらめかけていたところ、ガスが流れ始め
ガスが薄くなるとピンクに染まるかなあ、と期待していたら予想通りの展開となる。

Back Menu  Next 


Copyright (c) 2001 Koichi Miyata. All rights reserved.