芽吹きの頃

〜小谷村 雨飾高原〜



雨飾高原へ向かう途中の山々には、5月と云うのに所々には雪が残っていました。その残雪の中で、木々が雪の消えるのを待ちきれずに芽吹きを始めていました。
芽吹きも緑一色ではなく、種類によって黄色であったり、ピンクであったり、オレンジであったりで、まさしく「春紅葉」という表現がぴったりの様子を呈していました。

Slide Show

SlideShowは全画面表示(F11)にてご覧になることをお薦めします
















Copyright (c) 2000 Koichi Miyata. All rights reserved.